ピアジェ PIAGET

ピアジェ PIAGET ピアジェ PIAGET

PIAGET

ピアジェ

ピアジェの創業は1874年。スイス時計の聖地であるジュラ山脈の小さな村に工房を構えたのが始まりでした。ムーブメント製作から始まり、懐中時計、腕時計の生産にシフトしていきます。1957年にはピアジェの代名詞ともいえる薄型ムーブメント、cal.9Pの開発に成功。厚みがわずか2mmの薄型ムーブメントは多くの時計メーカーに衝撃をもたらしました。ポロ競技から生み出されたピアジェ ポロのヒットやハイジュエリー分野への参入とラインアップを拡大。1988年にリシュモングループに参画後もアルティプラノ、ポセションなどピアジェの哲学が息づいたコレクションを展開しています。

もっと詳しく見る

56件中

130

ABOUT PIAGET

  • 今勢いのあるラグジュアリースポーツウォッチ ポロS

    ラウンドとクッションを融合させたケースが特徴的なポロS。近年ラグジュアリースポーツ(ラグスポ)ウォッチとしてその人気は勢いを増しています。パテック フィリップのノーチラスに似ているといわれることもその人気の理由の1つかもしれません。よりスポーティーなテイストがお好みの方はクロノグラフ、逆にラグジュアリー寄りのテイストがお好みの方にはダイヤインデックスタイプやゴールドケース仕様がおすすめです。2021年には極薄のスケルトン仕様も登場し、こちらも大きな話題を呼んでいます。

  • 遊び心×ラグジュアリー ポセション

    ピアジェのアイコンともいえるポセションコレクション。丸みの強いラウンドフェイスを囲むベゼルは優しく触れるだけで回転するユニークな仕様となっており、登場と同時に大きな話題を呼びました。ラグジュアリーでありながらも技術の粋を集めたウォッチメイキングはジュエラーであると同時にマニュファクチュールらしいピアジェならではといえます。同名でリリースされているジュエリーと組みあわせて統一感のある腕元を愉しむのもおすすめです。

繝励Ξ繧シ繝ウ繝  螂ウ諤ァ 繧ヲ繧ェ繝繝  Longines  IWC  閻墓凾險  譎りィ  繧ヲ繧ェ繝繝  蜑イ繧雁シ輔″譎りィ  閻墓凾險 莠コ豌 繝悶Λ繝ウ繝  閻墓凾險 讖滓「ー蠑  繝輔ぃ繝繧キ繝ァ繝ウ繧ヲ繧ゥ繝繝  閻墓凾險 繧サ繧、繧ウ繝シ  繧ク繝」繝繧ッ繝ュ繝シ繝  閻墓凾險 iwc  閻墓凾險 繧、繝ゥ繧ケ繝  閻墓凾險 縺繧峨↑縺  閻墓凾險 ice  閻墓凾險 荳逕溘b縺ョ  閻墓凾險 繧、繧ソ繝ェ繧「  閻墓凾險 繧、繝ウ繧ケ繧ソ  繧ソ繧ー繝帙う繝、繝シ  譎りィ 騾夊イゥ  繝悶Λ繝ウ繝  閻墓凾險 繧ヲ繝悶Ο  閻墓凾險 陬剰搭  閻墓凾險 阮縺  閻墓凾險 螳螳  閻墓凾險 蜍輔°縺ェ縺  繝。繝ウ繧コ閻墓凾險  閻墓凾險 阮蝙  閻墓凾險 蜿ウ閻  繝ュ繝ャ繝繧ッ繧ケ  OMEGA  watches 諢丞袖